読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この数週間で、アンパンマンが急激に好きになったという話。

タイトルのままのことを書きます。


アンパンマンが好きになりました。

 


自分が挑戦しようとしていたことを諦めかけていたある時、

ネット上でこの画像を見つけました。


驚きました。





「頑張れ」とか「頑張ろう」とか、

そういう言葉で済まさないんですね。 


がんばるんだ

ですよ。


その後には、

勇気の花がひらくとき

ぼくが空をとんでいくから


きっと君を助けるから


と続きます。


この言葉の強さに衝撃を受けました。

思わず涙が出て、

辛くてもきっと彼がきてくれるから、

その「きっと」を信じて、

「『きっと』を信じる自分」を信じて、

この画像を待ち受けに、

とりあえず、もうどん底でいいから、

やれるだけやろうと、

そして辛くなったら彼と彼を信じる自分を信じて、

また、周りで支えてくれる人に大きく寄りかかって、

なんとか今の学校での学生生活の大半を終えました。





アンパンマンは来てくれました。

誰にも見えない勇気の花が蕾になってきて、

誰にも見えないけど私には感じられるアンパンマンが来たと思います。



だって昨日、

ここ最近の私の生活で、

最もアンパンマンの代わりに

アンパンマンになってくれた友人に心から感謝し心から共に笑いあえて、


そしてまた今日、

新しい出会いと懐かしい出会いとに元気をもらえて、

Amazonマネーももらえて!(笑)



こんなにいいことがあったんです。

助けに来てくれたんです。

おかげでゆとりができて、

いろんな人たちと楽しく過ごせました。





今日頂いたAmazonマネーは、

私の大好きで感謝している人たちに恩返しする形で返せるような使い方をしたいな。




そういうことを思える自分には、

きっと愛と勇気が友達のアンパンマンが

私の心に寄り添っていてくれるのかな、

なんて、

そんなクサいことを思いました。






辛くて勇気の花が地面に埋もれていた時に

この画像に出会えたことは、

「定められた時」の一つなんだろうなぁと、

やはり大好きな聖句を思い出すような出来事。