燃え上がる日を待っている

大切な誰かの人生に、

自分が大切な人として選ばれることは、

心の底から素晴らしいことだと思う。

 

誰かが大切にしている人生に、

自分が一緒に素晴らしい人生を創造できるなんて、

これこそが最上の生きる喜びなのかもしれない。

 

だから、大切な私の人生にも、

大切にしたい人がいてほしい。

共に築き上げたい。

 

 

でも、今は、

自分が自分の人生を

大切にしてあげられてないから、

大切な人と一緒に生きたいなんて、

そんなこと思ってたら相手に失礼なのかもしれない。

 

 

 

今日は、

「生きなきゃいけないんですか」

って聞いてみたら、

「生きなきゃいけない」って言われてしまった。

 

 

そうか、生まれたから生きなきゃいけないのか。

 

生まれてしまったことって、

こんなに辛いことなのかと思うと、

涙が止まらなかった。

 

そんな日もある、で済ませたいけれど、

そろそろ、そんな日からおさらばしたいのに、

ずっとこうなってくると、疲弊する。

 

 

 

 

 

 

ずっとうまくやれなかったけど、

どうしても身の回りの大切な人に

嫌な思いをさせたくなかったし、

笑ってて欲しかったし、

楽しい思いでいてほしかった。

 

でも、なぜだかそううまくやることは

もう最近はできない。

 

あんなに簡単にやれてたこととか、

好きなことがほとんど続かなくなってしまった。

 

 

 

いつの間にか、

自分が人から

幸せとか笑顔とか、

プラスのものを奪ってしまうような存在になった気がして、

そばにいてほしいのに、

私といたら嫌な思いをさせてしまうなって、

余計に自分を殺してきたような気がする。

 

 

元気な自分を取り戻せないまま、

どんどん自分が死んでいく。

 

いつ、どこにいっても、

人と少し深い仲になると、

自分が重荷な気がしてしまって、

自ら孤独を強めてしまった。

 

 

 

生きていて良かったと言える日は来るんだろうかと

辛い時に考えた。

絶対に来ると希望を持って、

それだけを頼りに生き延びた。

 

そんな希望も、もはや薄くなってしまって、

トンネルから見えていた薄暗い光が、

またもや闇に包まれていくようで。

 

 

どうせ死ねないくせに

自分の内では生きるか死ぬかで闘って、

その間にもいろんな人が、

楽しみながら成長の階段を登っている。

 

その様を見ているのも辛い。

なのに自分はできないことばかりが増えていく。

 

 

焦る。

焦りが爆発する。

生み出せない憤りを自分に感じる。

 

 

 

今の私には、100出す力がなくても、

たとえ20の力でも、不器用ながら80にごまかせる力がある。

だから変なところで頑張ってしまって。焦るから。

 

でも100出せる準備と100を超える努力ができる段階になるまで待たないと。

治さないと、休まないと。

焦るけど、じっくり待たないと。

自分を信じてあげないと、治るものも遅くなっちゃう。

 

ちゃんと休まないといけないのに、

いつもどっちつかずで、

そうなった時は焦りから振り切ろうとしちゃって、

あとで自分の首を絞めてきた。

 

 

焦るけど、苦しいけど、時機が来るのを待って。

 

 

ちゃんとまずはふつうを取り戻そう、

何もできないうちは辛いけど、

その間を無駄にしないよう

こうやってブログとかに書いて、最低限記録して。

 

いつかちゃんと、

それらが

芽を出すように。

 

 

今はこんなひどいけど、

まぁ見てろよ、と。

今に自分を幸せにして、

大切な人を幸せにしてやるから、

しのごの言わずにこっちにいろ、と。

私よ、私から離れるんじゃねえぞって

離れたら後悔するぞお前!って、

本当はどこかで

そうどこかで思っている強い自分がいるってことくらいが、

生きる力になっているのかな。

何言ってるかわかんなくなってきたな。

まぁこんなの、

弱って何者でもない人が言うの恥ずかしいんだけど、

でもそんな風に思う自分がいることまで隠したら、

多分もう死んじゃうから、

それよりは大口叩いてみようと思う。

絶望に踏み潰されないように。

 

 

本当は愛してやまないこの毎日を

いい加減に過ごすのはやめなよ。

gyao.yahoo.co.jp