新月の日に、何もないとは思わない

双極性も鬱も、

「できる」と「できない」の

波があるんじゃなくて、

本当はどっちも「できない」が同じで、

気分が良い・調子が良いと感じる時は

落ちた波の時よりも少し冷静に物事を考えられる

くらいなんだろうなと、

ようやく気付いた。

 

「治った」「治ってない」の

波に翻弄されていたけど、

そういうことじゃないね。

 

どう言うかは人によって様々だけど

フィールドとしては、

「できない」

「治ってない」

「本来の自分ではない」

「頑張れない」

という中での波だから、

ちょっと気分が良い時に

「(本来の自分に)戻った」と結論づけて

頑張りすぎて物事を進めるのはよくないなぁ。

私にはね、良くなかった。

なのにずっとそのやり方で

うまくいっては倒れてうまくいっては倒れて…。

 

 

できる時に調子乗るんじゃなくて、

できない自分とか、

人と違う・人より劣っている自分がいることを

もう諦めて、

その範囲で自分ができることを考えて

行動にうつすくらいでいいのよ、きっと。

諦めることと卑屈になることは違うしね。

 

 

人と同じように大学生活終わらせられるかな、とか

働くまでが伸びちゃうな、とか

いつまでこうしているんだろう、とか

焦りももちろんあるのだけれど、

焦ったからとして何かができるほど

自分に力がない今だからこそ気付いたこと。

 

出来ない自分で

無理せず出来ることをやっていくしかないよね。

 

あんまり自罰的になるのもさ、

傷つかない予防線にはなるけど、

不幸な思考に取り憑かれてるだけだなと思って、

そんなことに力を入れるのもやめて、

なるべく幸せな気持ちでいないと、

自分で自分を不幸にして

その不幸にしがみついてるみたいで、

だっさいなぁと思った。

 

悩みは、越えて幸せを迎えにいくまでにある

ただの壁なのに

その壁が本体だと思って

そこにずっとしがみつくのが

自罰思考だね。

 

自分で自分を不幸にするの

本当にバカみたい。

でも不幸を感じたからこそ気付けたこと。

 

 

 

 

 

大人になると、

出来ないことが増えるというか、

出来ないとわかることが増えていって、

それが悲しいと言っていた人もいたけど、

自分の出来ることと出来ないことが

明らかになっていく中で、

出来ないを諦めて

出来るを伸ばす。

 

そのやり方を探していくのが人生なんじゃないかと。

 

出来ないを諦めるまでの葛藤が

思春期とか青年期で、

出来るを伸ばし、

それが個性と言えちゃうのが大人の楽しさで、

本当に自分の個性を活かす楽しさを知るのが、

生きる幸せなのかな。

 

 

今は、

生きるために生き延びている感じで、

1日1日を、

ただ終わりが来るのを待つように過ごすのは

数ヶ月変わっていないのだけれど、

でも、そんな中でも

こういう気づきがあったり、

お金貯めようって思って行動できたり、

家計簿つけるのが続いてたり、

旧来の友人のありがたみに感謝できたり、

少しずつ学んで、

少しずつ学びを活かす行動をして、

決して無駄ではない日々を送っていると、

そう感じられるようにはなりました。

 

 

 

新しく通った病院でもらった薬のおかげで、

最近は症状が出るどころか、

食事と対等に付き合えていて、

例えそれが一週間ぽっちの成功でも、

「こんなに幸せなことなんだ」と思います。

普通のありがたみに気付いてる。

まぁ薬のおかげで体に力が全然出なくて

本当に歩くのもやっとなんだけど、

でもきっとそれにも徐々に慣れていくだろうし、

病気との付き合い方とか、

ひいては自分自身の付き合い方に

もっともっとうまくなっていけたら、

すごく嬉しいな。楽しみだな。

 

 

 

獅子座の新月です。

胡散臭いかもしれないけど、

お願い事書くといいですよ。

いいですよったのは、叶いますよってことより、

少しでも心がワクワクすることがあるのはいいですよ、ってことです。

お願い事を書くのは楽しいです。

希望があるということは、生きる糧があるということですから。

 

でも希望を心の糧にできるというのも、

簡単なことではないから、

今そう思えている自分に喜ぼう。